在宅医療に関するお問い合せ先
TEL:0172-32-2371(代)

サービス内容

弘前地区在宅医療・介護連携支援センターそよかぜの役割

高齢者の増加、価値観の多様化に伴い、病気を持ちつつも可能な限り住み慣れた場所で自分らしく過ごす「生活の質」を重視する医療が求められています。
このため、在宅医療を提供する機関等を連携拠点として、多職種協働による在宅医療の支援体制を構築し、医療と介護が連携した地域における包括的かつ継続的な在宅医療の提供を目指します。
在宅医療でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

そよかぜの役割

border

総合相談窓口
在宅医療のことはどこにきく

例えばこんなこと

  • 在宅で療養をしたいけど、何から始めたらいいのかわかりません。
  • 末期がん・重度障害のターミナルケア、緩和ケアなどを自宅で希望している。
  • 訪問診療してくださるところはありますか?

「そよかぜ」では在宅医療にかかわるご相談を受け付けております。
◇地域の患者家族からの医療・福祉・保険にかかわる相談窓口
◇地域の医療機関・介護事業所・ケアマネージャーからの相談、情報提供
◇訪問診療の情報提供

医療・福祉・介護の連携を活かし、利用者さまの生活がより良いものとなるよう支援いたします。
お気軽にご相談ください。

foryoyaku

border

在宅医療資源の情報提供
在宅医療資源の情報提供

例えばこんなこと

  • 近くで往診をしてくれるお医者さんを探したい。
  • 往診してくれる歯医者さんを探したい。
  • 訪問服薬指導をしてくれる薬局はありますか?
  • 訪問看護、訪問介護をお願いできるところを探したい。

地域の在宅医療資源を集約し、相談窓口機能として活用しております。
また、当サイトで検索していただくことも可能です。
ご利用者さま一人一人に合った機関を紹介いたします。ご相談ください。

foryoyaku

border

研修会のご案内
在宅医療について知りたい

過去の研修会内容

  • 【市民公開講座】「在宅医療のことご存知ですか?」
  • 【多職種研修会】「口腔ケアの基礎知識~死生学との意外な関係~」
  • 【在宅医療連携講演会】「地域連携ネットワークをつくろう~庄内・鶴岡の取り組みから見えたこと~」

在宅医療を身近に感じてもらうために、市民向けの公開講座や勉強会を行います。『顔の見える関係』の構築を目指し、多職種を対象とした研修会のご案内をしています。