弘前市医師会 HOME へ
 HOME > 看護専門学校HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

澤田 美彦 学校長  弘前市医師会看護専門学校は、准看護学科と看護学科の2学科で構成されています。准看護学科は昭和34年に開設され、約3,800人の卒業生を送り出しています。また、看護学科はその10年後の昭和44年に開設され、約1,400人の卒業生を送り出しています。両学科とも看護職員を医師会自らが養成しようとする目的で設立されたものです。そのため、募集要項のアドミッションポリシーの第一番目には『地域医療に貢献する人』を募集すると謳っています。
 准看護学科の特徴は午後に授業が行われることで、午前中は医療機関などでアルバイトをしながら勉強しています。かつては、住み込みで医療機関の実質的な労働力としての役割を果たしていた歴史があります。看護学科は准看護師の資格を持つ人だけが入学することができます。講義は夜に行われますので、昼は准看護師として医療機関で仕事をして収入を得ながら勉強します。
 平成27年4月、放送大学と連携してダブルスクール制度を導入しました。専門学校と大学の2つの学校に同時に在学して卒業する制度です。准看護学科1年の10月に放送大学に入学して規定の単位を取得すると.看護学科の卒業と同時に放送大学を卒業でき、学士(教養)の学位が授与されます。つまり、放送大学で64単位、看護学科で60単位取得すると放送大学を卒業できるのです。平成30年3月にこの制度での最初の卒業生が誕生し学士(教養)を授与されました。
 授業料負担を軽減するために、各種奨学金制度があります。放送大学の授業料の半額は医師会が負担しています。弘前市医師会が運営する専門学校ですので、地域医療に関心があり勉強する意欲がある人が、経済的な理由で看護師を諦めることがないように医師会が全面的にバックアップしています。
 看護師を志す皆さん。弘前市医師会看護専門学校では、看護の知識や技術はもちろん、人間としての基本をしっかり身につけ、患者さんやご家族の気持ちをよく考えた看護が行える専門職業人を育てることを目指しています。自らの可能性を信じて挑戦してみませんか。熱意ある皆さんが入学されることを、教職員一同、お待ちしております。

                                                学校長   澤田 美彦

 
copyright